半年から1年間の予定での短期の語学留学で英語力を伸ばしたいと考えている場合は、留学先の場所選びが非常に重要です。カリフォルニアは語学留学先としては気候も良くて過ごしやすいため日本人学生には特に人気が高い場所です。しかしこういった場所を留学先に選んでしまうと語学学校のほとんどが日本人の留学生だらけというケースが非常に多いのです。ロサンゼルスに留学する場合などは特にそうです。日本人の学生が固まってしまうと、どうしても日本語をたくさん話す機会があり英語力が伸ばせないという弊害が出てきてしまうのです。ですから留学先として選ぶならば、なるべく日本人からは人気が少ない場所を選ぶことが短期間で英語を伸ばす鍵になると思って良いでしょう。オススメの場所としては、ミネソタ州やインディアナ州、ウィスコンシン州などの中西部が挙げられます。これらの州は気候的には厳しいですが、日本人留学生の数は極端に少ないので外国人留学生との交流もしっかりはかれて短期間で効率的に英語をものにすることができるでしょう。