最近は、日本人でも留学を希望している人が増えていますけど、メリットの1つに就職の幅が広がるというのがあります。例えば、留学先の国で就職する事も可能ですし、日本に帰って、海外と提携をしている所の就職というのも留学をしているとプラスになってきます。国際経験があるという事は、海外と提携している企業からすると助かります。特に、日本と関係性が深い国の留学になってきますと、日本企業もその国と提携している所が多い可能性がありますので、さらに、就職する上でプラスになってきます。このように、海外留学というのは、就職しやすい状況を作ってくれますので、就職の幅を広げたい、国際的に活躍したい人にとっては向いていると言えます。ただ、あまり日本企業と提携していない国の留学になってきますと、日本企業に就職する時に、そこまでプラスにならない可能性もありますので、どこの国に留学するかというのは、慎重に選んでいく事が大事になってきます。